FC2ブログ

行動心理学 マーケティング

心理学で人の心を動かすことはできるのか? > スポンサー広告 > セールスは相手の頭の中でイメージをしてもらうことから始まる> 心理学 > セールスは相手の頭の中でイメージをしてもらうことから始まる

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

心理学 ブログランキングへ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



abataB_F300-1.png
この記事が少しでも
あなたの参考になりましたら、
応援クリックしてくださると
しっぽ振って喜びます。U*゚Д゚Uノワン!!

あなたの応援が励みになります!


心理学 ブログランキングへ



セールスは相手の頭の中でイメージをしてもらうことから始まる

2016年09月27日(火)

心理学 ブログランキングへ


391112.jpg


こんにちは、くろすけです。


前回の記事では、
人間が生まれながらにして持っている
8つの欲求についてお話しました。

前回の記事はこちら↓
人間が生まれながらにして持っている8つの欲求



では今回は、
その8つの欲求にどうアピールしていくか
についてお伝えしていきたいと思います。

と、その前に、
8つの欲求をおさらいしておきましょう。


1.生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい。
2.食べ物、飲み物を味わいたい。
3.恐怖、痛み、危険を免れたい。
4.性的に交わりたい。
5.快適に暮らしたい。
6.他人に勝り、世の中に後れを取りたくない。
7.愛する人を気遣い、守りたい。
8.社会的に認められたい。


以上の8つでしたね。



では、本題に入っていきます。


まずそもそも欲求とは、
満たされていないときに感じる
一種の緊張状態のようなもの
なんですね。



例えば・・・

お腹が空いているときは「食欲」が作動し、
「食べたい」という緊張感が高まり、
食べ物を食べたくなります。

また、暑くて汗をかいているときは
「快適に過ごしたい」という緊張感が高まり、
今すぐお風呂に入りたくなるんですね。



このように私たちは、欲求を満たし、
生じた緊張感をなくすために行動します。


そしてこの原理を利用すれば、
あなたが満たされた出来事を文章にすることで
相手の欲求を満たすことも可能になるんです。



つまり、
あなたの満たされた出来事が
ある商品を使って得られた場合、

商品に関する文章を書くことができれば、
あなたが書いた文章を読んでいる方の
購入意欲を高めることもできるのです。



そのためにはまず、
あなたの頭の中で描いているものを
相手にイメージさせるよう演出することが
必要となってきます。

実際に商品を使う前に、
相手の頭の中で使ってもらうということです。


私も実際に無意識的にやっているんですが、
きっと誰しもが商品を購入する前に、
まず頭の中でその商品を使っている姿を
一度は想像しているのではないでしょうか。



なので、
商品を購入してもらう前のステップとして、
相手の頭の中で商品を実演させてみせる
ということがとても効果的になるんです。


その商品が相手にとって良いものであれば、
当然、欲しい気持ちは膨らんでいきます。

その結果、
購入という行動を起こさせることができるので、
ぜひ相手の頭の中でイメージできるような
視覚的な文章を書くことを意識してみてくださいね。




abataB_F300-1.png
この記事が少しでも
あなたの参考になりましたら、
応援クリックしてくださると
しっぽ振って喜びます。U*゚Д゚Uノワン!!

あなたの応援が励みになります!


心理学 ブログランキングへ



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。