行動心理学 マーケティング

心理学で人の心を動かすことはできるのか? > スポンサー広告 > あなたも普段から、『 権威 』に騙されているかもしれない。> 心理学 > あなたも普段から、『 権威 』に騙されているかもしれない。

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

心理学 ブログランキングへ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



abataB_F300-1.png
この記事が少しでも
あなたの参考になりましたら、
応援クリックしてくださると
しっぽ振って喜びます。U*゚Д゚Uノワン!!

あなたの応援が励みになります!


心理学 ブログランキングへ



あなたも普段から、『 権威 』に騙されているかもしれない。

2016年10月20日(木)

心理学 ブログランキングへ


587099.jpg


こんにちは、くろすけです。


前回は6つの影響力の手がかりの
2番目である好意について
お話させていただきました。

前回の記事はこちら↓
セールスの要は好意であり、第一印象で好意を抱かれなければいけない。



前回の記事でもお話していますが、
6つの影響力の手がかりというのは、
以下の6つになっています。

1.社会的証明 ( Comparison )
2.好意 ( Liking )
3.権威 ( Authority )
4.返報性 ( Reciprocation )
5.コミットメントと一貫性 ( Commitment / Consistency )
6.希少性 ( Scarcity )



では今回は、
3番目の権威について
お伝えしていきたいと思います。


権威への服従


これは人間の傾向を利用したもので、
我々は普段から、信頼できる人の主張を
受け入れるようにして生きています。


例えば、
あなたが風邪を引いて
病院に行ったとします。

そうするともちろん、
医者が診断してくれますよね。


その診断に対して、
「 この診断は合っているのかな? 」
と思うことってなかなかないと思います。

「 こういう症状だったんだ 」 と思い、
納得してしまうんではないでしょうか。


それというのも、
医者はその道に通じている人物なので、
私たちはそれがさも当然のことのように
医者の診断を信じてしまうんです。


このように私たちは、
本当にその職業についていたり、知的だったり、
信頼できる人が宣伝をすることで、
その主張を事実として受け入れてしまう
んですね。



テレビのCMや広告なんかで、
俳優さんが白衣をまとって商品やサービスを
お勧めしているものを見たことはありませんか?

例えば、
以下のGacktさんのCM。




彼が白衣を着て説明していることで、
このCMを見ている視聴者の方は
「 信頼できるものなのではないか?」
と、思ってしまう傾向にあるんです。


不思議ですよね。

本来、医師ではない職業の彼が
白衣を着て医師を演じただけなのにも関わらず、
私たちは権威という強力な手がかりに
説得させられてしまう
のです。


ターゲットの権威


ここで大切になってくるのは、
あなたのターゲットが
信頼している権威は一体何なのか?

というところになります。

これはもちろん、
あなたが販売したい商品によります。


例えば、
あなたが風邪薬を販売したいなら、
白衣を着た医師と商品を絡めた広告を
作成する必要があります。

また、
その広告に説得力のある事実や数字、
科学的なデータなどを入れておくことで、
さらに宣伝効果がアップします。


まとめ


私たちは、
キャラクターが生み出す権威という
強力な手がかりに説得させられてしまいます。

しかし、この特性を利用して
あなたの商品をターゲットの権威にアピールし、
宣伝効果をあげられたらと思います。




abataB_F300-1.png
この記事が少しでも
あなたの参考になりましたら、
応援クリックしてくださると
しっぽ振って喜びます。U*゚Д゚Uノワン!!

あなたの応援が励みになります!


心理学 ブログランキングへ



コメント


 by ゆきリエイター

くろすけさんこんばんわ!

久々にお邪魔してます^^

今回は『権威』の話ですね。
なんとなく「見た目」の話かなと思ってしまうんですが

肩書きとかもそうですよね。



ここに一通の意見書があります。

東京都在住の38歳男性からあなたへの意見です。

と言われて内容を見るより

代表取締役社長38歳男性からあなたへの意見です。

と言われて中を見る方が
頭の中では「え、偉い人の意見だ(汗」
となってちゃんと読む人が増えるでしょうし。

同じお昼ご飯のお料理を見せられて

主婦歴10年の傑作ランチメニューです。

と言われるよりも

五つ星ホテル総料理長が作る特別ランチメニューです。

と言われる方が「高そう!美味しそう!」
と感じてしまいそうですね。

同じものを見てるのに。。。

人間て、惑わされやすい生き物ですね〜
参考にさせていただいて、
今日も応援して帰ります^^

ではでは〜

2016/10/20(木) 20:39:24

 by くろすけ

ゆきリエイターさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

はい、権威のお話になります。
肩書きもそうですね。

社長ときくと「すごい人なんだな」って思いますし、
平社員だと「同じだ」なんて思ったりもします(笑)


ゆきリエイターさん例えがお上手ですね。

「代表取締役社長38歳男性から・・・」
と言われて中を見る方がきっと内容まで
しっかりと読むと思います。

また、
「五つ星ホテル総料理長が作る・・・」
と言われる方が私もおいしそうと思って
注文してしまうと思います。


同じものを見ているのでも、
表現方法が少し変わっただけで
このような差が出てくるって面白いですよね。

言葉の違いをしっかりと理解して
今後使用していければと思います(^^)/

私もお邪魔させていただきますね!

2016/10/21(金) 14:18:59
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。