FC2ブログ

行動心理学 マーケティング

心理学で人の心を動かすことはできるのか? > スポンサー広告 > 思考プロセスが違うだけでリピーターになりやすくなる!?> 心理学 > 思考プロセスが違うだけでリピーターになりやすくなる!?

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

心理学 ブログランキングへ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



abataB_F300-1.png
この記事が少しでも
あなたの参考になりましたら、
応援クリックしてくださると
しっぽ振って喜びます。U*゚Д゚Uノワン!!

あなたの応援が励みになります!


心理学 ブログランキングへ



思考プロセスが違うだけでリピーターになりやすくなる!?

2016年10月17日(月)

心理学 ブログランキングへ


350610.jpg


こんにちは、くろすけです。


前回の記事では
私たちの思考プロセスとして、
中心経路と周辺経路について
お話させていただきました。

前回の記事はこちら↓
見込み客が商品を買うとき、2つの思考回路のどちらを使うのか?



中心経路と周辺経路について
簡単におさらいしておくと、

中心経路:論理、論証、深い思考を用いた説得。
周辺経路:楽しいこと、前向きなイメージ、
     「手がかり」などに結びつけて行なう説得。


ということでしたね。


ではさっそく、
今回のお話に移りたいと思います。


思考プロセスでやるべきこと


中心経路と周辺経路の2種類ですが、
物事を考える思考プロセスが変わってくるので、
当然ながらアピール方法も異なってきます。


例えば中心経路では、
相手に深く考えさせる必要があるため、
事実や統計、証拠などといった情報を
盛り込まなければいけません。

それに対し周辺経路は、
カラフルで楽しいイメージだったり、
ユーモラスなテーマの広告でアピールしたり、
視覚的な印象の良さを重視しています。


もちろん周辺経路においても、
商品の特徴やメリットを提示する必要は
少なからずあります。

ただ大半の消費者は、
どのブランドのものを買うかということに対して
これといって深く考えることはしません。


つまり、
中心経路を経た思考プロセスの場合は
その商品に対しての詳しい情報を提示する必要があり、
周辺経路を経た思考プロセスの場合は、
広告の中身が特に重要になってくるんですね。


中心経路で考えさせよう


というのも、
中心経路を経て形成された態度は、
あなたが慎重に考え抜いたものだからです。

「考える時間」をたっぷり注ぎ込み、
あなたが心の中で考えに考え抜いた
絶えず強化されている主張になります。


また、
しっかりと考え抜いた結論だからこそ、

「 私はさんざん考えたし、
 私のこの決断は間違っていない。」


と、自分の決断を信じているので、
態度と行動の間に一貫性があるんですね。


例えば、
あなたが中心経路の思考プロセスを経て
私の商品の購入を決断したとします。

当然、あなたのその決断は
じっくりと時間をかけて考え抜いたものなので、
あたかも当然のことのように、
その決断を正しいものとして捉えてしまうんです。


まさに先ほどの、

「 私はさんざん考えたし、
 私のこの決断は間違っていない。」

という思考そのまんまですね。


そしてその決断をしたあなたは、
別の商品を購入しようと思っているときにも
また私から購入することになるのです。


つまり、
中心経路を経て態度を形成させることができれば、
あなたのリピーターになりやすい
ということです。


まとめ


見込み客があなたの商品を深く考え
「あなたの商品が良い」という結論に至れば、
その決断を自分が考えた結論として受け止め、
どんな攻撃に対しても守り抜こうとします。

なので、
あなたの商品が中心経路を経た思考プロセスで
見込み客の態度を形成できる場合は、
ぜひ中心経路でアピールしてくださいね。




abataB_F300-1.png
この記事が少しでも
あなたの参考になりましたら、
応援クリックしてくださると
しっぽ振って喜びます。U*゚Д゚Uノワン!!

あなたの応援が励みになります!


心理学 ブログランキングへ



コメント


なるほど! by りつき

くろすけさん

こんにちは、りつきです。

買う側に立ってみると、なんだか
分かる気がします。

逆に言えば、
>カラフルで楽しいイメージだったり、
ユーモラスなテーマの広告でアピールしたり、
視覚的な印象の良さを重視しています。

という、周辺経路では、リピーターになって
頂く可能性が低いわけですね。

中心経路となると、実績が伴っていない方に
とっては、事実や統計、証拠を盛り込むのは
難しいですが・・・
乗り越えないといけないハードルなんですね!

くろすけさん、ありがとうございました。
応援しています!

2016/10/17(月) 23:32:50

 by くろすけ

りつきさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

そうなんですよねー!
販売する側に立ってると気付きづらいことでも、
消費者側に立ってみると「なるほど!」と
思うことが多々ありますね。

販売するときに、
消費者側だったらどう思うかなーと
一度イメージしてみることも大切かもしれませんね。

そうですね!
周辺経路ではその時の感情で判断しているので
しっかりと考える中心経路と比較しても
リピーターになる確率はかなり低いですね。


実績のない方ですか。

例えば、
アフィリエイトしたい商材を試してみて、
ご自分の感想だったり、より良く使えるための特典だったり・・・
アピールする方法はいろいろあると思っています(*^^)v

少し話がズレているかもしれませんが・・・


こちらこそありがとうございます!

2016/10/19(水) 00:19:06
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。