FC2ブログ

行動心理学 マーケティング

心理学で人の心を動かすことはできるのか? > スポンサー広告 > 見込み客が憧れている集団を利用し、商品の可能性をアピールする> 心理学 > 見込み客が憧れている集団を利用し、商品の可能性をアピールする

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

心理学 ブログランキングへ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



abataB_F300-1.png
この記事が少しでも
あなたの参考になりましたら、
応援クリックしてくださると
しっぽ振って喜びます。U*゚Д゚Uノワン!!

あなたの応援が励みになります!


心理学 ブログランキングへ



見込み客が憧れている集団を利用し、商品の可能性をアピールする

2016年10月09日(日)

心理学 ブログランキングへ


353611.jpg



こんにちは、くろすけです。


前回は、人間の帰属心理、
バンドワゴン効果についてお話しました。

前回の記事はこちら↓
人間が重要視している集団帰属の側面からアピールする



では今回は、
集団にアピールする方法について
お伝えしていきたいと思います。


まず、
私たちが帰属する集団として、
目的に関わらず主に3種類ありました。

1.憧れの集団
2.連帯する集団
3.関係を断つ集団


以上の3種類です。


ここでは、
1番目の憧れの集団について
順を追って説明していきます。


憧れの集団


憧れの集団の影響を利用して
見込み客にアピールしたいのならば、
憧れの集団と消費者を
同一化できるようにしなければなりません。



例えば、
あなたが若い層向けの化粧品を
販売しているとしますよね。

塗ってもさらさらした手触り感で
ナチュラルに仕上がるファンデーションや
目元をキュートに個性あふれる、
でも自然と仕上げられるようなアイシャドーなど・・・


あなたのリサーチによれば、
その商品の見込み客である平均年齢層は
20代前半であるということが分かっています。


このことから
あなたの広告写真やCMには、
高い年齢の女性を起用しない方がいい
ということがすぐに分かります。

また、
男性を起用することもだめですし、
見込み客の年齢と外れている人物を
起用してもいけませんよね。


つまり、
あなたの商品のターゲットである
20代前半の見込み客が、
「こんな風になりたい」と熱望している
イメージの人物を起用しないといけない
んですね。

芸能人で例えるならば、
有村架純や石原さとみさん、
新垣結衣さん・・・などが挙げられます。


あなたの商品の見込み客は
その人物のように「なりたい」「近づきたい」と思っています。

見込み客のイメージと近い人物を起用することで
その人にもっと近づけるのではないか
と意識させ、購買意欲も高めることができるでしょう。


まとめ


あなたの商品を見込み客の層に
視覚的にアピールすることができるのなら、
その層が憧れている人物をリサーチ・起用することで、
かなりの効果を感じられます。

もちろん、
想像を掻き立てるような文章を書くことで
見込み客にイメージしてもらうことは可能なので、
ぜひ文章でアピールする際も活用してください。


まずはあなたの商品の見込み客の層を明確にし、
その層の憧れの集団にいる人物を
リサーチすることから始めてみましょう。




abataB_F300-1.png
この記事が少しでも
あなたの参考になりましたら、
応援クリックしてくださると
しっぽ振って喜びます。U*゚Д゚Uノワン!!

あなたの応援が励みになります!


心理学 ブログランキングへ



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。