FC2ブログ

行動心理学 マーケティング

心理学で人の心を動かすことはできるのか? > スポンサー広告 > 相手の恐怖を誘うことで商品の購買意欲が高まる> 心理学 > 相手の恐怖を誘うことで商品の購買意欲が高まる

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

心理学 ブログランキングへ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



abataB_F300-1.png
この記事が少しでも
あなたの参考になりましたら、
応援クリックしてくださると
しっぽ振って喜びます。U*゚Д゚Uノワン!!

あなたの応援が励みになります!


心理学 ブログランキングへ



相手の恐怖を誘うことで商品の購買意欲が高まる

2016年09月29日(木)

心理学 ブログランキングへ


340272.jpg


こんにちは、くろすけです。


本日消費者心理1つでもある、
ネガティブな情報を使用して相手を動かす方法
をお話していきます。


この手法ではネガティブな情報で
相手の恐怖を誘い行動させるのですが、
間違って認識してほしくない点があります。

それは、
相手に恐怖を植え付けるのではなく、
相手の恐怖を利用する
ということです。

具体的な部分に関しては、
また次回お話させていただきますね。



それでは、
恐怖を利用して相手を動かす順序ですが、

1.現状のままだとどうなってしまうかを伝える(恐怖を煽る)
2.その解決策として商品を提示する

という簡潔な流れになっています。


つまり、
「あなたの恐怖(1)を、私の商品(2)では解決できますよ」
と相手に伝えてあげるわけです。


そうすることで、
相手は今ある恐怖を解決しようと
あなたの提示した商品を
購入する可能性がでてくるわけです。


恐怖を利用した手法は、
テレビCMなんかでも使われています。

例えば、ファブリーズのCM。





まず恐怖を植え付ける段階で、
こたつ(密閉空間)をそのままにしておくと
どんどん菌が繁殖していく
ことを視覚的に伝えています。

そして恐怖を植え付けた後は、
恐怖を解決できる商品(ファブリーズ)を提示。


このように、
相手の恐怖を利用する方法は
身近なところで使用されているんです。

正直私もこのCMを見て買おうと思いました。
というか、実は購入して家にあります(笑)



なぜ恐怖を利用する方法が効果的なのかと言うと、
実は、恐怖を与えるということは、
同時に “ ストレス ” も与えていることになるんです。

「恐怖=ストレス」 です。


人間はストレスを与えられると、
ストレスを解消しようという思考が働き、
「何かしたい」という思うようになります。


今回ご紹介した
恐怖を利用してアピールする方法は、
人間のその思考に訴えかけているので
効果的とされているんです。


なので、もしあなたの商品が
何らかの恐怖を解決できるものであれば、
恐怖を利用してアピールしてみるのも
ひとつの手かもしれませんね。




abataB_F300-1.png
この記事が少しでも
あなたの参考になりましたら、
応援クリックしてくださると
しっぽ振って喜びます。U*゚Д゚Uノワン!!

あなたの応援が励みになります!


心理学 ブログランキングへ



コメント


こんにちは by えみり

くろすけさん、こんにちは

恐怖を利用する心理はいろいろな場面で使われているのですね。勉強になりました。ありがとうございます。
応援完了です。(^_^)v
えみり。

2016/10/02(日) 11:09:57

 by くろすけ

えみりさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。

結構いろいろな場面で使われているみたいです。
「恐怖」って効果的なんだなと思わされました。

ありがとうございます!

2016/10/02(日) 23:32:33
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。